ドラえもん【のび太の恐竜2006】の動画やDVD、主題歌を調査!!

ドラえもんをイメージした画像です。MOVIE&VIDEO

こんにちはTakatomiです。

今年2020年に、連載開始から 50周年を迎えた国民的アニメ『ドラえもん』。

様々な記念企画が進行している中、

映画 40作品目となる「ドラえもん のび太の新恐竜」に先駆けて

現在、Amazonプライムビデオにて『映画ドラえもん』の

旧作 38作品が無料動画配信中となっている。

※「のび太の恐竜」から「のび太の宝島」まで。

そこで今回は、ドラえもん【のび太の恐竜2006】に注目して

“動画配信サービス”“ DVD ”

“主題歌”“ゲーム”“原作本” などを

調査してみたのでご紹介いたします。

※いち早く内容を知りたい方は「目次」より読み飛ばして下さい。

スポンサーリンク

映画ドラえもん【のび太の恐竜2006】とは?概要をおさらい!

ドラえもんをイメージした画像です。
出典:公式サイト

映画ドラえもん『のび太の恐竜2006』は、1980年3月15日に公開された

ドラえもん映画作品第一弾「のび太の恐竜」のリメイク作品。

テレビシリーズの声優が、“第二期声優陣” にリニューアルされて以降、

初めて製作された映画作品となる。

海外でも公開されており、中国で初めて公開された日本のアニメ映画作品である(2007年7月公開)。

その他にも、台湾、シンガポール、スペイン、フランスでも公開された。

のび太と “恐竜ピー助” の愛情溢れる姿がとても感動的な

1980年版・リメイク版ともに人気の高い作品である。

映画ドラえもん【のび太の恐竜2006】のあらすじ

ある日、恐竜のツメの化石をスネ夫に自慢されたのび太は、「恐竜の化石を見つける!」と啖呵を切ってしまう・・・。

しかし裏山で、のび太が偶然に掘り当てた “変な石” にタイム風呂敷をかけてみると、実は恐竜の卵だった!!

そして、産まれたのが “恐竜ピー助”。

のび太とピー助は、お互いを慕い合うもピー助の本当の幸せを願い、のび太はピー助を白亜紀へ帰すことを決断するのだが・・・。

のび太と “恐竜ピースケ” の時に切なく、そして心あたたまる物語。

『のび太の恐竜2006』の声優やスタッフ一覧

『のび太の恐竜2006』の主な声優さんです。

ドラえもん      :水田わさび
のび太        :大原めぐみ
ジャイアン      :木村昴
スネ夫        :関智一
しずか        :かかずゆみ
ピー助        :神木隆之介
ママ         :三石琴乃
パパ         :松本保典
ドルマンスタイン   :内海賢二
黒マスク(恐竜ハンター):船越英一郎
タイムパトロール隊員(A・B):スキマスイッチ
おやじ・主婦A・リサイクル業者・レポーター・タイムパトロール長官:劇団ひとり

Kanon
Kanon

本作では、船越英一郎さんや神木隆之介さんといった俳優さんや、
お笑い芸人の劇団ひとりさんが声優として登場します!
劇団ひとりさんは何役もこなしている辺りも気にして観てみると楽しいですよ!!

Takatomi
Takatomi

今は亡き、声優界のカリスマとも言うべき内海賢二さんの
役どころも見どころだね!

『のび太の恐竜2006』の主なスタッフです。

原作  :藤子・F・不二雄
脚本  :渡辺歩・楠葉宏三
総監督 :楠葉宏三
作画監督:小西賢一
美術監督:西田稔
CG監督 :木船徳光
撮影監督:熊谷正弘
編集  :岡安肇
録音監督:田中章喜
効果  :糸川幸良
音楽  :沢田完

Takatomi
Takatomi

脚本や監督も一新され、スタッフの意気込みが伝わってくるようです!

泣けるほど感動する!『のび太の恐竜2006』の感想や評価は!?

1980年版・リメイク版ともにシリーズを通して “良作” と評価の高い人気作品である『のび太の恐竜』。

キッカケは、いつものような “ちょっと嫌味なスネ夫” に、つい対抗してしまう “のび太の見栄” から始まるのだが、

いじらしいほど懸命に恐竜ピー助を育てるのび太と、それに応えるかのごとくのび太を慕うピー助。

そして、そっと見守るドラえもんの姿に「感動した」「涙が止まらない」「泣ける」といった感想や評価はとても多く

私自身も、心があたたまるシーンについ目頭が熱くなった。

また、ピー助の幸せを思うゆえに故郷へと帰そうとする切なくも強い決意を感じるシーンや、

その後に巻き起こる騒動に立ち向かうシーンに勇気が沸く気持ちになれたりと、見どころは盛りだくさん!!

Amazonプライムビデオなら【のび太の恐竜2006】が見放題!!

Amazonプライム会員なら、プライムビデオが無料で見放題なので絶対オススメ!!

『映画ドラえもん』の旧作38作品が無料動画配信中なので、【のび太の恐竜2006】も存分に視聴可能!!

月額500円のプライム会費は必要となるが、Amazonのプライム会員特典はプライムビデオ以外にもお買い物をした際の“配送料無料特典”

音楽聞き放題の“プライミュージック”、生鮮食品などの食品をまとめ買いできる“Amazonフレッシュ”、小説・漫画・雑誌などが読み放題の“プライムリーディング”など

その特典内容は「そんなにできるの!?」と驚くほど盛りだくさんなので、

会費分は絶対に元が取れる上に“プライムビデオ動画”は見放題なのだ!

Amazonプライムビデオなら、無料動画配信中なので、ぜひチェックしてみよう!!

≪Amazonプライムビデオとは≫

Amazon PrimeVideo

プライムビデオをイメージした画像です。

AmazonプライムはAmazonが提供している有料会員サービス。迅速で便利な配送特典をはじめ、プライムビデオやPrimeMusicといった様々な特典サービスを追加料金なしで利用できる会員制プログラム。
そのひとつであるプライムビデオは、対象となる映画やアニメ・TV番組などが追加料金なしで見放題で利用可能なサービス。(見放題作品とレンタル作品があるので注意して下さい)

Amazonプライムビデオは“ダウンロード”が可能!!

Amazonプライムビデオは、利用する端末によってダウンロードしてオフラインで動画を楽しむことができる

もちろん、今回ご紹介する【のび太の恐竜2006】だってダウンロード視聴が可能!

ダウンロード機能が使えるのは“スマホ”や“Fireタブレット”!!

・スマホについては、

プライムビデオのアプリをインストールするだけ!

・Fireタブレットは

最初からアプリがインストールされている。

どちらも、超簡単であとは観たい作品を表示した際に、仮面内にある“ダウンロードボタン”をクリックするだけ!

「画質」や「保存先」を選択できるので、

高画質で鑑賞したり、

大容量のSDカードにいくつもの作品を保存しておいたり、

自分の部屋でひとりで楽しむもよし!

遠方への道中に観るもよし!

旅行先や出掛けた場所で楽しむもよし!

自分に合ったお好みのスタイルでプライムビデオを楽しもう!!

まだ、プライム会員じゃないという方は、「30日間無料体験」があるのでお気軽にお試し下さい!

とってもお得なAmazonプライム!!

Amazon Prime
アマゾンプライムをイメージした画像です。

お急ぎ便、お届け日指定が使い放題の配送料無料サービスや、映画・アニメ・ドラマ見放題といった特典が満載のAmazonプライム。
気になる方は、Amazonプライム30日間無料体験でお試し下さい!!

「Amazonプライム30日間無料体験」公式ページはコチラ

『のび太の恐竜2006』の主題歌をチェックしてみよう!!

『のび太の恐竜2006』の主題歌は、オープニングテーマが「夏川りみ」、エンディングは「スキマスイッチ」と超豪華!!


オープニングテーマ↓↓↓

『ハグしちゃお』

歌:夏川りみ(ビクターエンタテインメント)

作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:京田誠一

Kanon
Kanon

とってもポップで、透明感のある歌声がピッタリないい曲です!!



エンディングテーマ↓↓↓

『ボクノート』

歌:スキマスイッチ(BMG JAPAN/AUGUSTA RECORDS)

作詞・作曲・編曲:大橋卓弥・常田真太郎

Takatomi
Takatomi

とても心地よいメロディーに体が癒されるような気がする、
心に残る名曲です!!

『のび太の恐竜2006』をブルーレイやDVDで観るならコチラ

『のび太の恐竜2006』をコミック(本)で楽しみたい方はコチラ

映画ドラえもん のび太の恐竜2006 (てんとう虫コミックス・アニメ版―映画ドラえもん)

「DS」でも楽しめる『のび太の恐竜2006』!!

『のび太の恐竜2006』は “DS” で発売されており、映画の内容を題材にしたRPGで、

戦闘に “カードバトル” を取り入れているのが大きな特徴。

ストーリー面は、劇場版の要素を取り込みながら、如何にも藤子F不二雄先生らしい新キャラを交えて進んでいく。

少々、一本道的なところはあるのだが、題材となっている『のび太の恐竜』が傑作である上、

オリジナルパートも『ドラえもん』らしい王道展開となっているので、

幅広いファン層や年齢層、言うなれば親子で揃って楽しめるような作品!!

Takatomi
Takatomi

『ドラえもん のび太の恐竜2006 DS』は、“3DS”でもプレイ可能だ!!

『ドラえもん』のゲーム最新作で遊びたい方にオススメ!!

ドラえもん のび太の牧場物語

ドラえもん のび太の新恐竜

【まとめ】

連載開始から50周年を迎えた『ドラえもん』。今年は大きな節目であり記念の時。

様々な記念企画を予定している中、「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開の延期はとても待ち遠しいところだが

映画だけじゃなく、“動画” や “主題歌”、“ゲーム” など、様々な過去の作品を振り返りながら、新作公開を楽しみに待とう!!

ファンのみならず、興味のある方、少し気になっているという方も、この機会にぜひチェックして頂きたい!!

いろんな『ドラえもん』に触れながら、明るく元気に“今”を乗り越えていこう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました